【WPF】グリッド状の模様を描く その(5)PathとLineGeometryで描く

By | 2011年9月20日

前回に引き続き、さらにWPFでグリッド状の模様を描く方法について考えてみる。
今回は、LineGeometryを持たせたPathでグリッド状の模様を描くことにした。
まず、MainWindowのxamlを示す。

MainWindow.xaml

<Window x:Class="WpfPathGeometryLesson.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525">
    <Grid>
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition></RowDefinition>
            <RowDefinition Height="24"></RowDefinition>
        </Grid.RowDefinitions>
        <Canvas Name="canvas" 
                SnapsToDevicePixels="True"
                Loaded="canvas_Loaded" 
                SizeChanged="canvas_SizeChanged">
        </Canvas>
        <Slider Grid.Row="1" Name="slider" Minimum="1" Maximum="4" TickFrequency="0.1"></Slider>
    </Grid>
</Window>

グリッド模様を描くためのCanvasと、表示倍率を変更するためのスライダーを上下に配置している。
11行目でCanvasのSnapToDevicePixelsをTrueにセットしている。この値をTrueにすると、後で描くグリッドの線がぼやけず、くっきりと表示されるようになった。
スライダーの値はPathのScaleTransformにバインディングするのだが、それはC#で行う。
それでは、次にC#のコードを示す。

MainWindow.xaml.cs

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Data;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Imaging;
using System.Windows.Navigation;
using System.Windows.Shapes;

namespace WpfPathGeometryLesson
{
    /// <summary>
    /// MainWindow.xaml の相互作用ロジック
    /// </summary>
    public partial class MainWindow : Window
    {
        private const int GRID_SIZE = 10;
        private ScaleTransform scaleTransform = new ScaleTransform();

        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();

            // ScaleTransformのScaleXにスライダーの値をバインディング
            BindingOperations.SetBinding(
                scaleTransform, 
                ScaleTransform.ScaleXProperty,
                new Binding("Value") { Source = slider });

            // ScaleTransformのScaleYにスライダーの値をバインディング
            BindingOperations.SetBinding(
                scaleTransform,
                ScaleTransform.ScaleYProperty,
                new Binding("Value") { Source = slider });
        }

        private void canvas_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            BuildView();
        }

        private void canvas_SizeChanged(object sender, SizeChangedEventArgs e)
        {
            BuildView();
        }

        // グリッド模様の構築
        private void BuildView()
        {
            canvas.Children.Clear();

            // 縦線
            for (int i = 0; i < canvas.ActualWidth; i += GRID_SIZE)
            {
                Path path = new Path()
                {
                    Data = new LineGeometry(new Point(i, 0), new Point(i, canvas.ActualHeight)),
                    Stroke = Brushes.Aqua,
                    StrokeThickness = 1
                };

                path.Data.Transform = scaleTransform;

                canvas.Children.Add(path);
            }

            // 横線
            for (int i = 0; i < canvas.ActualHeight; i += GRID_SIZE)
            {
                Path path = new Path()
                {
                    Data = new LineGeometry(new Point(0,i), new Point(canvas.ActualWidth,i)),
                    Stroke = Brushes.Aqua,
                    StrokeThickness = 1
                };

                path.Data.Transform = scaleTransform;

                canvas.Children.Add(path);
            }
        }
    }
}

コンストラクタの29-38行目でScaleTransformのScaleXとScaleYにスライダーの値をバインディングしている。
あえてコードでバインディングしているのは、このScaleTransformを、後で動的に作るLineGeometryのTransformにセットしたいからである。こういったケースではxamlだけでなく、C#のコーディングが必要になってくる。
51-81行目のメソッドでグリッド模様を構築している。このメソッドはCanvasのロード時とリサイズ時に呼ばれる。
グリッド模様を描くのに必要な線の数だけLineGeometryを持ったPathを作成し、CanvasのChildrenに追加している。
このプログラムを実行すると以下のように表示される。

スライダーを動かすと、その値がPath内のLineGeometryのScaleTransformの値に連動し、模様のサイズが変わる。

このアプリを、速い速度でリサイズしてみたのだが、画面表示は乱れなかった。
グリッド状の模様を描くには、この方法がベストかもしれない。


【WPF】グリッド状の模様を描く その(5)PathとLineGeometryで描く」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: blog lesson 01 - 【WPF】グリッド状の模様を描く その(6)WindowsFormsHostを使う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です