Swing復習 その(7) GridLayout

By | 2011年8月6日

GridLayoutは、コンポーネントを等間隔の格子状に配置するレイアウトである。
使い方は簡単で、GridLayoutのコンストラクタに縦と横の格子数を指定すればよい。
プログラムの例は以下のようになる。

public class MyFrame extends JFrame
{
	/**
	 * コンストラクタ
	 */
	public MyFrame(){
		setLayout(new GridLayout(3,4));
		
		// 12個のボタンを格子状のレイアウトに配置する
		for( int i=0; i<12; i++){
			add(new Button(Integer.toString(i)));
		}
	}

	/**
	 * エントリーポイント
	* @param args
	*/
	public static void main(String[] args) {

		SwingUtilities.invokeLater(new Runnable() {

			@Override
			public void run() {
				JFrame frame = new MyFrame();

				frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
				frame.setSize(300, 200);
				frame.setVisible(true);
			}
		});
	}
}

プログラムを実行すると、以下のようになる。

コンポーネント間の間隔を指定したいときはGridLayoutのsetVgap(),setHgap()メソッドを使えばよい。
例えば、縦方向の間隔を指定するにはsetVgap()を使う。setVgap()の値を10とした場合、以下のようになる。
GridLayout#setVgap(10);


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です