【WordPress】プラグインの作成

By | 2011年6月29日

WordPressのプラグインの作り方がわかると、WordPressの機能さらに柔軟に拡張できる。
そこで、まずは勉強のため、非常に単純なプラグインを作ってみることにした。

プラグイン作成の基本的な流れは、
/ブログのホーム/wp-content/plugin/
の下にプラグイン書式に沿ったphpを書いて置いておく、それだけで良い。

今回は以下のように書いてみた。

myplugin.php

<?php
/*
Plugin Name: MyPlugin
Plugin URI:
Description: これは私が最初に作ったプラグインです。
フッターに「this is my first plugin!!」という文字列を挿入します。
Author: okazawata
Version: 1
Author URI: http://team-pag.interprism.co.jp/member/okazawa/blog/
*/

function my_first_plugin(){
    echo "this is my first plugin!!";
}

add_action('wp_footer', 'my_first_plugin');
?>

15行目で、WordPressのadd_action()関数を使って’wp_footer’アクションが発生するタイミングで自作関数のmy_first_plugin()が呼ばれるよう、登録(フック)している。
こうすることで、フッターが表示されるタイミングで自作関数が実行されるようになる。結果、自作関数内でechoしている”this is my first plugin!!”という文字列がフッターに挿入される。

このphpファイルを、FTPなどでサーバの/ブログのホーム/wp-content/plugin/以下にアップロードしたら、管理画面を見てみよう。
すると、プラグインとして読み込まれているのが分かる。

次に、このプラグインを有効化し、ブログを表示させてみる。
すると、一番下のところに文字列が挿入されている。

以上が、最も単純なプラグインの作成方法となる。

プラグインを作成するには、WordPress日本語サイトの以下の記事が参考になるだろう。
http://wpdocs.sourceforge.jp/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です